一般教育機構 自然科学領域物理学Physics

JapaneseEnglish

研究室HP

物理学1

 物理学教室は2013年4月より橋本光正准教授、奥田光一助教が就任し、教育・研究をスタートさせた新しい研究室である。リメディアル物理の講義および実習を担当しており、学習目標は物理を学ぶことを通して、科学の有り様を学ぶことである。研究に関しては橋本准教授は放射線生物学、奥田助教は核医学などの分野で学内外の研究者と協力しながら進めています。
 今後とも、これらの研究と第一学年の教育を通して、医学の発展に貢献していきたいと考えています。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: physics@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

准教授

  • 橋本 光正

助教

  • 奥田 光一

主な研究業績

部門別研究業績

  • Okuda K, Nakajima K, Yamada M, Wakabayashi H, Ichikawa H, Arai H, Matsuo S, Taki J, Hashimoto M, Kinuya S. Optimization of iterative reconstruction parameters with attenuation correction, scatter correction and resolution recovery in myocardial perfusion SPECT/CT. Ann Nucl Med. 2014; 28: 60-8.
  • Kurosawa A, Saito S, So S, Hashimoto M, Iwabuchi K, Watabe H, Adachi N.
    DNA Ligase IV and Artemis Act Cooperatively to Suppress Homologous Recombination in Human Cells: Implications for DNA Double-Strand Break Repair. PLoS One. 2013; 8, e72253.
  • Ishigaki, Nakamura Y, Tatsuno T, Hashimoto M et al. Depletion of RNA-binding protein RBM8A (Y14) causes cell cycle deficiency and apoptosis in human cells. Exp Biol Med (Maywood). 2013; 238: 889-97.
  • Okuda K, Nakajima K et al. Semi-automated algorithm for calculating heart-to-mediastinum ratio in cardiac Iodine-123 MIBG imaging. J Nucl Cardiol. 2011; 18: 82-9.
  • Okuda K, Nakajima K et al. Quantification of myocardial perfusion SPECT using freeware package (cardioBull). Ann Nucl Med. 2011; 25: 571-9.

主な外部研究資金

  • H26-H28 若手B 奥田光一(代表) レビー小体型認知症の新規画像診断システムの開発:高解像度イメージング技術の応用 3,770千円
  • H25 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 奥田光一(代表) 感神経イメージングのための総合評価システムの開発 1,700千円
  • H23-H25 基盤C 橋本光正(代表) 53BP1によるDNA二重鎖切断端の運動性亢進は、末端結合修復能を向上させるか 2210千円
  • H19-H20 基盤C 橋本光正(代表) M期にDNA損傷を受けた細胞での新規損傷チェックポイントの研究:TLK1 の役割 4550千円